セルライトができる悪習慣3つ!これをやめればセルライトができにくい

ダイエット

ダイエットや美容を気にする人の中で、セルライトというのはとても気になるものの一つだと思います。このセルライト、生活の中でできにくくすることができます。というとても注目の記事を見つけたので書かせていただきました。

massa-ji

5000件施術のプロ断言!もこもこ「セルライトができる人」悪習慣3つ

ノコア(NOCOR)

5000件施術のプロ断言!もこもこ「セルライトができる人悪習慣3つ露出が増える夏に気になってくるのが、肌をボコボコさせてしまうセルライトではないでしょうか? セルライトは痩せていてスリムな人でもあると言われ、さらにダイエットで落ちにくいのが特徴です。また長年の頑固なセルライトは、自己流ではケアが難しく、悩んでいる方も多いことでしょう。

だからと言って「セルライトがついたままじゃ、肌見せできない!」という人へ。今回は、痩身サロンでセルライトの解消ケアを行っている筆者が、5,000件以上の施術経験から感じた“セルライトができやすい人の特徴”や改善法についてお伝えします。

1:コラーゲンを摂り過ぎている人

美容のためにと摂取しているコラーゲンが、セルライトの原因になることもあります。コラーゲンが分解されるとアミノ酸になりますが、過剰に摂取してしまうと、排出されなかった余分なアミノ酸が脂肪となり、セルライトができる原因になるのです。

コラーゲンの一日の摂取目安量は5~10g。適正量を超えた過剰摂取は控えましょう。

2:むくみを放置している人

コワッ…放置するとセルライトに!3分で“むくみ解消”小顔エクサ」では、むくみからセルライトが形成されるということについてご紹介しました。むくみからのセルライト出現は非常に高確率で発生すると言っても過言ではありません。残念ながら、むくみは毎日発生するので、日々むくみケアをしないとセルライトへと変化してしまいます。

特にむくみやすいパーツの脚は、セルライトの宝庫。また脚の中でも、筋肉が少なく冷えやすい部位はセルライトが多くつく特徴があります。内ももやお尻との境目などは、より注意が必要です。むくみケアとして、「痩身のプロが伝授!“出すよりも巡らせる”むくみスッキリ改善策」もぜひ参考にしてください。



3:運動不足・座り過ぎな人

実は、お尻は意外と盲点なんです。痩身サロンで施術していると「脚のセルライトをなくしたいんです!」という希望者が多く、「お尻のセルライトをなくしたい!」という方は、1割程度……。なのに、意外と細い人ほどお尻にセルライトが溜まっていることが多いのです。

お尻のセルライトが多い人の特徴は、PC作業など座りっぱなしの人、通勤で歩く時間が“10分にも満たない”など、運動を全くしない人です。思い当たる人は、お尻のセルライトにも注意して改善ケアを行ってくださいね。

時間がない時のセルライトケアは、プロにお任せすることも一つの手ですが、まずはできないように自分で予防することが大事。セルライトをこれ以上増やさないよう、上記のことに気をつけたり、運動して血行をよくするなどを心がけてみてくださいね。

http://www.biranger.jp/archives/163510

お月謝制痩身エステ【銀座グラティア】

みなさん、この記事の中で特に気を付けなくてはならないのが「コラーゲンの取りすぎ」がセルライトにつながるというところですね。コラーゲンはお肌にいいということばかりに目が行きたくさん取りすぎてしまう人が多いということです。

もちろん年齢や現在の肌の状態で変わりますが、1日5~10グラムということをしっかり守ったほうが身体をきれいに保つことができるということですので、取りすぎている人は注意しましょう!

また、仕事の話の中で椅子に座っている人はお尻にセルライトがたまりやすいということも書いてありました。女性は事務系の仕事をしている人のほうが割合的には多いので、気を付けたほうがいいと思います。


そしてやはりセルライトを消すということは運動も大切ということです。逆に考えればダイエットのための運動をしっかりしていればセルライトも気にしなくてもよくなるということになります。

みなさん、どうですか?特にセルライトを気にしている方、しっかりダイエット運動をして、脂肪、セルライト両方無くしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました