デキストリン、難消化性デキストリンて、体にいいの悪いの?体に与える影響は?

ダイエット

皆さんはデキストリンという名前を聞いたことがありますが?
私は、ダイエットを頑張っているので、食品を買うときに、裏の表示をよく見ます。
そうすると、粉製品やドリンク類に「デキストリン」または、「難消化性デキストリン」という名称が出てきます。

ネットで検索する方も、たぶん私と同じ理由だと思います。商品の裏の表示にデキストリンとは書いてあるけど、これが体にいいものか悪いものか心配になって検索されたのでしょう。

私も同じですので、デキストリンについて記載したいと思いました。

デキストリンてなに?

デキストリンの正体は、原料のトウモロコシから抽出される「デンプン」または「炭水化物」と呼ばれるものです。

デンプンは、「糖質」と「食物繊維」の2種類のが含まれています。糖質と植物繊維、それぞれ精製、加工が施され、「糖質」が【デキストリン】、「食物繊維」を【難消化性デキストリン】と表示されます。

「デキストリン」と「難消化性デキストリン」の違い

デキストリンと難消化性デキストリンの違いは簡単で

・デキストリン「糖質」・・・体内でゆっくりと、ちゃんと消化できる
・難消化性デキストリン「食物繊維」・・・体内で消化するのが難しい

この違いになります。

「難消化性デキストリン」は消化するのが難しいという食物繊維の性質から、特定保健用食品、いわゆるトクホと呼ばれる食品や、健康食品、医薬品などにも多く活用され、その効果を認められています。

大塚製薬 賢者の食卓 【特定保健用食品】

デキストリンは悪者ではありません

お菓子などに記載されている成分表示では、よくデキストリンと一括表示されていますが、実際はデキストリンにもブドウ糖に近いもの、デンプンにより近いものなど様々な種類があります。

ただ、デキストリンの原材料はあくまでトウモロコシなどの自然な食品素材であり、添加物ではないということです。

難消化性デキストリンとは

難消化性デキストリンは実は、食物繊維のようなものであり、現代の食生活で、人体に足りない食物繊維を補う形になるので、悪者ではありません。

難消化性デキストリンの効果

血糖値の上昇を抑制し、緩やかにしてくれる効果が期待

ケーキや、砂糖を多く使った食品や、揚げ物など脂っぽい食事をとると、血糖値が一気に上昇します。

しかし、食物繊維である難消化性デキストリンを摂取することで小腸の糖質の吸収を抑えることができるということです。
研究結果で、実際に難消化性デキストリンを摂取していた人と、摂取してない人とを比べると血糖値の上昇が著しく違うことが証明されています。日本食品機能研究会

中性脂肪の吸収も抑える効果

難消化性デキストリンの効果は血糖値だけではなく、食事をした後の中性脂肪の吸収も抑えてくれることが確認されています。日本食品機能研究会
中性脂肪は皆さんご存知かと思われますが、過剰に摂取すると、お腹などに溜まって余分な脂肪となり、肥満の大きな原因となります。

ということで、ご飯や、甘いものを食べてたりする時に難消化性デキストリンを一緒に摂取すれば、中性脂肪の蓄積を抑えられ、日常生活や軽い運動などでからだの無駄な脂肪を減らしていける効果が期待されています。

最近食事にはトクホ、トクホと、健康重視の人々に認知されるようになった特定保健用食品も、難消化性デキストリンの働きによる活躍が期待されているものが多いです。

腸内の改善作用が期待できる

食物繊維が便秘改善に効果が高いのは多くの方に知られた事実です。日本食品機能研究会
難消化性デキストリンも同じく腸内の環境を整える働きがあり、便秘がちの人にはお通じをよくする効果が、お腹を下しやすい人でも健全な便へと改善してくれる効果があります。

健康に一番なのは、腸内環境をよくすることだと思っています。しっかりと食べたものの栄養が取れ、体に栄養がしっかりいけば、健康になる。腸内の悪玉菌も減るので、免疫力が上がり、病気になりにくい体が作られると思います。

腸内環境改善は、便秘、下痢で悩んでいる人はぜひ試してもらいたいものです。

ミネラルの吸収が向上

難消化性デキストリンは糖や中性脂肪の吸収は抑制し、ミネラルの吸収率が向上することがわかっています。
ミネラル不足は貧血や慢性寝不足、肌の調子が悪くなるなど、健康、美容にも悪影響を与えます。

食事制限などのダイエットなどをしている人は積極的に補給したほうがいいと思われます。

デキストリンと難消化性デキストリンを混同しない

食物繊維である難消化性デキストリンと違い、それに相対するデキストリンは糖質でできているものです。
例えば、ジュースやお菓子にデキストリンと表示されていても、そこに含まれているのは糖分になります。

糖分の過剰摂取は体重が増えて太るだけでなく、血糖値の上昇や、血圧の上昇、悪くなれば糖尿病や通風といった自分の人生に長く影響することとなる病気を引き起こしてしまう可能性があります。

難消化性デキストリンの過剰に摂取

難消化性デキストリンが体にいいからといって、とりすぎは注意です。
難消化性デキストリンを過剰摂取したことでお腹の緩みが起こります。

難消化性デキストリンはその腸で吸収されにくい性質のために、下痢を起こし、お腹の調子を悪くしてしまうおそれがあるのです。

ただ、今現在に、それ以外の科学的な副作用は発見されていないので、逆に言えばそれ以上の大きな危険性はないとも言えます。
飲料水などには飲み方として記載されているかと思いますが、メーカーが推奨している摂取量は、1日に5~10gほどとされています。
分量を守って摂取し、健康な体を作っていきましょう。

中性脂肪や糖の吸収を抑える目的として食事中か、食事のすぐ前、食事と一緒に、または直後に摂取するといいと思います。

大塚製薬さんの
賢者の食卓は、ご飯に一本食べるときに水に溶いて飲めばいいので非常に簡単です。

ぜひ難消化性デキストリンを上手にとり健康的にダイエットを成功させましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました