喫煙が肌に与える影響  たばこと美容2

ダイエット

tabako

喫煙が肌に与える影響とは

シミ・シワ・くすみの原因に

たばこには皆さんご存知ニコチンという物質が含まれています。ニコチンは、人にとって有害物質であります。
ニコチンが体内に入ると、血管が収縮され、酸素や栄養が肌に届きにくくなります。
酸素・栄養が届きにくくなり、新陳代謝の規則が乱れます。
その結果、シミ・シワ・くすみの原因になります。
喫煙は血管を老化させます。できればタバコはやめた方が、美容健康にはいいということです。



喫煙によって起こる様々な肌トラブル

たばこを1本吸うと約25gのビタミンCが無駄に消費されてしまいます。

ビタミンCは1日に最低100g必要とされています。
1本25g×4本=100g
たばこを4本吸うと1日に必要なビタミンがすべて使われていまします。
一日一箱、20本吸ったら、5日分なくなってしまいます。

身体に使われるはずのビタミンCの消費がたばこで消費されてしまうことによって
さまざまな美容健康に必要な栄養素が身体で作られなくなってしまいます。
例えば、
・コラーゲンの生成
・女性ホルモンの分泌
などが必要量作られなくなってしまいます。
また、活性酸素の発生などがおこります。

肌トラブル

・肌の弾力が失われる
・シミやシワ、吹き出物
・乾燥が起こる
・更年期障害を早める
・唇や歯肉がくすむ
といったトラブルを起こしやすい体になります。

たばこを長期間吸っている人の歯茎って正直黒ずんでて汚いですよね。これもたばこの原因です。
たばこをかっこっつけ程度で吸っている人は直ちにやめた方がいいです。

身体にいいこと一つもありません、直ちにやめてきれいな肌を取り戻しましょう。

節煙革命!タバコ代1/3(当社比)!
爆煙仕様の電子タバコ【eRollスターターキットスペシャル】

コメント

タイトルとURLをコピーしました