急なダイエットでたるんだ皮膚を引き締める方法

ダイエット

ダイエットでたるんだ皮膚を引き締める方法

急激なダイエットは皮膚がたるむ

少し前に、東京マラソン中に倒れた松村邦洋さんが、ライザップで痩せたことや、2018年12月12日に自宅で嘔吐した際に緊急搬送され、高血圧による「左脳室内出血」と診断され、手術をした安田大サーカスのヒロさんなどがいらっしゃいました。
松村さんや、ヒロさんは、ダイエット成功後、メディアに登場が増えたり、痩せた写真が載りましたが、ほぼ、服を着ていましたよね。急なダイエットで痩せたためにあまりに皮膚がたるんでしまいましたので、、服を着ての登場となりました。

たるんだ皮膚は元に戻るの?

まず、太った方がダイエットで痩せた場合、たるんだ皮膚が少しくらいなら元に戻ります。妊婦さんも、お腹膨らんでも元に戻りますよね。同じようにある程度なら、時間をかければ元に戻ります。戻るには半年から1年かかりますが。。。

しかし、松村さんやヒロさんのように、一度大きくたるんでしまうとに元に戻らない場合がありますので、あまり太らないようにしておくことが大切です。

どのくらいのペースで痩せるのがベスト?

本来、月に1キロ弱、500~700グラムくらいずつ痩せていくのであれば、皮膚も一緒に縮んでいきますので、垂水の心配はあまりしなくてもいいと思います。
ですから、急激なダイエットはお勧めしません。よく1週間で5キロダイエットとか、1か月で5キロダイエットとありますが、太った人が急激に痩せると、皮膚がたるむので、気を付けなければなりません。
しかし、人間いろいろな状況がありますので急に痩せたくなることもあります。
急激に痩せた結果、皮だけが余ってします。

参考ですが、逆に、太ったことによって皮が伸びるスピードがついていけずに皮膚に亀裂が入るのが肉割れ妊娠線と呼ばれるものです。
肉割れと妊娠線は他にも、ストレッチマーク脂肪線などと色々な呼び名がありますが、全て同じ肌トラブルと言えます。妊娠した人は、肉割れ用のクリームをつける方もいるかと思いますが、出産後にも使い続ける理由は皮膚がたるむのを防ぐためです。

皮膚のたるみを引き締める方法

たるんでしまった皮膚を引き締めるためにはいくつか方法があります。

  1. 切除手術
  2. 費用は100万以上かかることもあります、美容整形外科などで行われる切除による手術もこの一つです。余っている皮を切り除いてしまう方法です。芸能人の方でもいますが、100キロを超えている人が急激に痩せるとすごいたるみが出ます。あれはもうどうやっても、なくなりませんので、ほぼ切除しかありません。芸能人の松村邦洋さんや、安田大サーカスのHIROさんなどは、切除しないともうどうにもならないと思います。

    先ほども書きましたが、高額になります。美容整形になることが多いので、保険がきかないことがほとんどですし、たるみの量によりますし、傷が残るカモとか考えるとなかなか踏ん切りもつかないかもしれません。

  3. マッサージ
  4. 2つ目の方法がマッサージです。マッサージをすることによって血行を促進させ、新陳代謝を活発にします。新陳代謝を活発にすることで、皮膚に必要な栄養素がたくさん送られるようになり、皮膚の機能がよく働き、たるみ改善の効果が期待できます。

  5. マタニティクリームによるケア
  6. 3つ目の方法がマタニティクリームを使うことです。別名肉割れクリームや妊娠線クリームとも言われるのですが、肉割れを消したい人予防用のクリームと2種類あります。たるんだ皮膚を引き締めるのであれば、保湿効果と引き締め成分が配合されているかです。

    保湿をすることで、肌を健康な状態にしていきます。皮膚の弾力性や瑞々しさを正常な状態へとしていきます。もう一つが引き締め成分なのですが、これは説明しなくても分かるとおり皮膚を引き締める効果のある成分です。

    引き締め効果には期待できるものとして、葉酸(ようさん)などが当てはまります。
    マッサージとマタニティクリームによるケアは、基本的にはセットと考えた方がいいです。素肌にマッサージするようなのではなく、クリームを塗りながらマッサージをすることとなります。

たるんだ皮膚を引き締めるおすすめは 1

皮膚を引き締めるには、体への負担や精神的不安を考えるとクリーム&マッサージがおすすめです。

とくに皮膚がたるむほどの急激なダイエットとなると太るときも急激に増えた人が多く、肉割れができている人も多いので、一石二鳥で皮膚トラブルの改善を行うことができます。
また、クリームを塗ることは美肌への効果もあるのでお勧めです。

たるんだ皮膚を引き締めるおすすめは 2

簡単ですが難しい、運動です。
太ってしまうと、いろいろ病気になりやすくなります、ただの病気になるくらいならまあいいかもしれませんが、心臓や脳、血管など、命に直結する病気にかかりやすくなります。また、少し動いただけで疲れてしまい、運動が苦手になります。運動が苦手になるので、運動しなくなる、ダイエットしにくい体になるという悪循環になっていきます。

なので、太ってしまう前に、太らないように、いつも体調管理をしておくというのがベストですが、年齢が上がっても若いままの食生活を続けてしまうとかあると思います。私も、いつまあでも若いままの食生活を変えることができずに、太ってしまいました。そして太って知ったので運動がめんどくさくなるとともに、年を重ねたために、筋肉量が落ち、痩せにくい体になってしまいました。

皮膚のたるみをとる一番のおすすめは、クリーム&マッサージ&運動

ということで、皮膚のたるみをとる一番のおすすめは、クリーム&マッサージ&運動となります。
たるみができてしまった肌をきれいにするため、クリームとマッサージで、ケアしていき、運動で筋力アップとたるみ防止のリフトアップ効果でどれか一つをやるよりも格段に効果が上がります。

最後に

痩せるためには、筋力をつけるとともに食事制限して、カロリー摂取量を減らしていくことが大切です。今いろいろなダイエットが出てきていますが、食事量を減らし、しっかり運動するのが、一番健康的で体にいいダイエット方法です。
また、筋肉をつけることにより、皮膚のたるみ防止につながります。皮膚も筋肉についてますので、筋肉がしっかりついていると、たるみを抑えます。

年齢を重ねると顔のたるみが出てきますが顔の運動をしっかりしている人は皮膚のたるみがなく若々しく見えるのはこのためです。
まずは運動でしっかり筋肉をつけていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました